プロフィール

ぴーちーめ

Author:ぴーちーめ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想 PART1

お正月行事も終わり

次 旦那実家に行くのは

旦那母に会うのは

もうお盆だと勝手に決めこんでいる私です。




旦那母キライーーーー!!と大声で叫んでいますが

初めて会ったときから こんなにも嫌いだったわけでは

ありません。


今日から何回かに分けて

何で私がこんなにも旦那母を嫌うようになったのか

書いていこうと思います。









最初に旦那母と会ったのは

旦那(当時は彼氏です。当たり前かっ。

なので今からはあえて彼と書きますね。)

とつきあって数ヶ月した頃だったと思います。

ランチで小洒落た和食屋さんに

連れて行ってもらいました。

そのときの印象は

『優しそうなほわ~んとしたいい人』でした。


それと並行するように 

私は彼と私が一人暮らししてたアパートで

同棲生活をするようになりました。


アパートが 彼の実家から

車で30分くらいのところだったのもあって

同棲してからも出掛ける予定がない日曜日は

2人で彼の実家に遊びに行き

彼母が入れてくれたコーヒーやお菓子を頂いて

晩御飯も頂いて帰ることもありました。


でもその頃から 内容は覚えていないのですが

彼母の話が『何かとんちんかんだな~』と

思っていたのを覚えています。




そして彼とつきあって1年くらい経ったある日。

「おかんがマンション一緒に見てって言ってるから

 今度の日曜に一緒に実家に行こう」と彼が言い出しました。

私は 『彼んちマンション買うのかな?』と思いながら

一緒にマンション販売所へ。


普通マンションは建つ前に販売されます。

なので モデルルームやマンション模型を見て

営業マンから話を聞いて 買うのですが、


彼実家が購入しようとしていたライオンズマンションは

実物を見て購入できるというのが売りのようで

既に建築されたマンションの一室を見ることが出来ました。


彼父母は初めての販売所訪問ではなかったようで

彼らがめぼしを付けていた

4階東向きの部屋と 同じく4階南向きの部屋を

営業マンの説明と共に見学しました。


見学している途中に 彼母が何度か私に

「こんな機能いいよね~」とか

「この間取りとあっちの間取りどっちが好き?」とか

色々言ってきたんですが

はじめて見る新築マンションのきれいさに心を奪われていた私は

無邪気にも

「本ト こんなんあったら素敵ですね~」

「どっちもいいですね~」と

返事をしていました。










長々と書いてしまいました。

続きは明日にします。



See you tomorrow♪



大晦日の出来事

あけまして おめでと~ございま~~~す。


またお正月がやってきましたね。



前記事で足掻いていた大晦日ですが

びっくりするような展開になりました。


私が記事を書き終えたころ旦那が

「今日は6時に迎えが来るぞ」と。

いつもは 車で行くので

それを聞いたときは

『へぇ~ 迎えに来てくれるんだ~』とくらいにしか

思っていなかったんですが


6時ちょうどに迎えに来てくれた旦那兄の車に乗り込んで

旦那と旦那兄が話しているのを聞いていて

やっとわかりました。


大晦日

宴会をするらしい  と。



わかった瞬間

暗い車内 小さく一人ガッツポーズをしたことは

言うまでもありません。



旦那実家は 相変わらず物だらけで

出迎えてくれた旦那母は

「うちの玄関は冷蔵庫やねん!!」なんて

わかってるなら片付けろよっ と言いたくなるような

しょーもない 笑えない

冗談を言っていました。。。


狭い狭い玄関でブーツを脱ぎ

狭い部屋に辿り着くと

普段は壁に寄せてあるこたつが どうにか部屋の中ほどまで

出されていました。

確かにね、 今日は5人座るんだしね。


旦那両親が

「○○さん(私のことです) あそこ座って」と

指定してくれた席は 普段壁にくっついている面のところで

入り口近くの席なら バタバタ立たないといけないだろうからと

私に気を遣ってくれてるんでしょーが

それにしても 狭い狭い。

壁とこたつの間が40センチほどしかないんですよ。


スキニージーンズをはいてた私は 足の組み換えにも

一苦労でした。



そんな狭い席で始まった宴会。

ビールで乾杯後 

ガンガンふぐを食べ

ガンガン飲みました。


普通(!?)嫁と言う立場上

大人しく ビール2、3杯でやめておくべきだったのでしょうが

そんな遠慮はあの家族には伝わりません。


ガンガン飲んで

しかも 「鍋とビールはいいな~」と

聞こえるくらいの ちょい大きめ独り言で

飲み好き♪をアピールしておきました。



この日は 

一度も飲んでいる姿を見たことがなかった

旦那父もビール&ワインをつきあってくれて

旦那母も1杯ずつ飲んでました。


旦那兄も揃って大晦日に食事をするのは

初めてだったのですが

おそらく 宴会は旦那兄が提案してくれたようです。


ビールの用意や 

ビールが切れたら冷蔵庫という名の2階の部屋

(この家 冷蔵庫が各所にありすぎやろ^^;)へ

取りに行ってくれるのも

全て旦那兄が動いてくれました。


旦那母は普段飲まないのでわからないのか

ただ単に気が利かないだけのか

わざとなのか

お酒のことに関しては

全く動きませんでした。



そして そんな宴会の場に タイミングよく

ワインとおつまみを持って現れた次男嫁(私)。



楽しく飲めたし よかったのですが

なんか びみょーーーー?




でも まあ

これで酒好きがアピール出来たかな。


これからは 旦那母が旅行に行っても

変なご当地キーホルダー土産より

ご当地ビールやご当地ワインを買ってきてくれることを

願います。




この時期思うこと

今日で2008年が終わりますね。

そんな今日 このブログの『初めの一歩』です。



なんで こんな年の瀬に?かということですが


ええ はい。

あと 数時間すると私は拉致られるのです。

旦那に。


そして リズムが全く合わない旦那一家と

旦那実家で大晦日の晩御飯を共にしないといけないという


トイレでう○こをした後 紙がないことに気付くことよりも


カラオケで熱唱しすぎて我に返ると みんな曲選びに必死で

誰も聞いてなかったことよりも


もっともっと不快な時間を送らなければいけなくて



昨日くらいから 嫌さに押しつぶされそうになってしまい

ついにここで吐かせてもらうことにしました。







旦那一家の 何が嫌って


・・・あ 旦那一家じゃないんです。

約1名 旦那母が苦手なんです。


私と全くリズムが合わない。

と一言で言っても なかなか伝わりにくいと思いますので

これは追々ゆっくり書いていこう思います。




とにかく 旦那実家めーーーーーちゃ狭い家なんです。

まあ 狭いのは各家庭の事情もあるし

仕方ないんですが、


狭いのに 物いっぱい!

助けて~!!!!!!!!!



狭い廊下なのに・・・ 

玄関からよく見える廊下なのに・・・


物 散乱してます。

仕舞えよっ この野郎。です。


だって 人 すれ違い出来ないんですよ。




そんな息の詰まる廊下を抜けていくと

リビング?らしき部屋があって

そこのこたつに入って 毎年晩御飯を頂くんですが


またこの部屋 元々狭いのに

箪笥やらテレビやら(まあここまではいいとしよう)

ソファーやら(狭い部屋には必要ないですよね?)

旦那母が運動するために買ったエアロバイク(でも全然使ってない)


ここも 助けて~~~状態です。



『狭いんだから 家の中をもっとスキッとさせてください』

何度旦那母に言おうと思ったことか。

(でもやっぱ言えないし・・・)





今日は ふぐらしいです。

「ふぐと野菜2人分 うちに運んで」←旦那に対する私の心の声


ふぐは嬉しいけど

大晦日なのに

今年最後のご飯なのに


旦那実家に行くと アルコールが出てこない。


旦那は車なんでもちろん飲めないんですが

たまには [ビール飲む?」とか私に聞いてくれてもいいんじゃないかと

思ったりするのですが


そんなことは 結婚して3年半 一度も言われたことないし

旦那父も常にお茶です。


中華を一緒に食べに行っても 水 水 水。

餃子と水って微妙ですよ。



私なら そして私の実家なら

運転以外の訪問客には 「ビール冷えてるよ」って

声かけるんですがねー。

まあ 色んな人がいるんですね。




で、

今年は 私ワインとチーズ&リッツを持参することにしました。


旦那実家に行きたくな~いと言いながら 

こんなことはちゃっかり用意している私です。



旦那兄が名古屋から帰省してるようなので

「一緒に飲みませんか?」って声かけて

食後にでもワインを明けてやろうかと企んでおります。


この旦那兄 実は10年ほどつきあった彼女と

この12月に結婚する予定だったんですが

式場も予約して 婚約指輪も渡して・・・と

準備が進んだ10月。

彼女から婚約破棄をされてしまいました。


なので 今 旦那一家はこの兄のことを

めーーーちゃ心配しているんです。

旦那兄はすごくいい人で 私も心配なので


『旦那兄に少しでも楽しんでもらえたらと思って』という

名目のもと ワイン飲みをしてやります。




旦那母からすれば 

1回もすすめたことも出したこともないアルコールを

嫁が持ってきて

息子(私の旦那)は車だから飲めないのに

嫁が飲んで・・・

おもてなしに不満?? なんだこの嫁!!となるでしょう、

普通は。



私が 旦那母の立場なら(酒すすめないことは絶対にないけど)

え?嫌味?

って思うと思います。




でもあのマイペース旦那母。

どう反応するんでしょう。


大晦日に お正月に

アルコールを出さない食卓を反省するのでしょうか。


それさえも気付かないような気がします。






さてさて どうなることか・・・。


長くなりすぎましたね><

旦那一家・旦那母の反応はまた書きます。


こうやって 旦那母に小さな反抗を繰り返している

意地悪嫁でした。




«  | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。